人気ブログランキングへ

2009年10月16日

わたしは出産には立ち会いません!

風邪ひいて体がだるいので、

今日は昼から振替休日で帰宅しました。

明日も仕事なので、休める時に休んどかないと。


ジュニアもいつ産まれてもおかしくないくらいの

時期にきてるんで、風邪はやく治さないと。


とは言っても、僕は絶対に出産に立ち会いませんが。

僕的には立ち会うべきではないと思っているので。

それは嫁を含めて、うちの家族全員共通の認識です。


うちの父親は、僕が産まれた時は、

ラーメン食べに行ってて、連絡が取れなかったそうです。

そんな感じでいいと思うんですよね。

今は携帯電話があるから、連絡はどこでもとれちゃいますが。


出産って女性にとっての神聖な瞬間であって、

そこには旦那であろうと立ち入るべきではないと思います。


立ち会ってわが子誕生の瞬間に感動したって、

バカな親が育てれば、バカにしかなんないんだし。


女性の領域はしっかり守ってあげて、

産まれた子供の成長をしっかり支えていくことが

なにより大切なわけですから。


嫁のかかってる産婦人科の院長先生がおっしゃってましたが、

『最近の親は、産まれるまでに気を遣いすぎる。

大切なのは産まれてからいかに育てるかってことなのに』

その通りだと思います。


母子の健康に関する気遣いは当然十分にするべきですが、

それ以外のいたらん気遣いが多すぎるっちゅうことです。

物事の本質を見失っているってことです。


こんなときに、やっぱり先人の意見や経験が

何物にも代えがたく感じますよね。



それにしても最近は、

子供をアクセサリーくらいにしか考えとらんのだろうな…

と、思わせるようなバカ親が多いですよね。

そんなとこのガキは、やっぱりバカです。

子供は親を選べないんだから、

自分の子に産まれてきてくれた子供のために

親も考えなきゃならんですよね。


posted by 岩っさん at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

風邪をひいたなり…

どうも風邪をひいたらしい…

のどが痛くて熱がちょっとある。

仕事が忙しい時に限って…


久しぶりに一人暮らししたせいで

体調管理ができてなかったのか…?


風邪になる時、

『あっ、菌が入った』

ってわかる時ないですか?

僕、なんとなくわかる気がするんですよね。


昨日、仕事でお世話になっている方が入院されてるので、

お見舞いに行ったときなんですが、

そこで、その瞬間に出くわした感じがしたんです。

嫌な感じだなぁ…と思ってたら、

案の定、のどが痛くなってきました。

僕はのどからくるタイプなんで。


僕の風邪なんて、

栄養つけて暖かくしてれば治るんでしょうけど、

昨日見舞った方は、

胃癌で胃の全摘出手術をうけておられました。

早期発見だったことに加え、手術も成功し、

今月末には退院されるらしいです。

痩せてましたけど、元気そうでした。

仕事の電話も普通にされてましたし。ベッドの上で。

携帯電話ってこんなときにいかんですよね。


胃がなくなっても、小腸が胃の代わりするらしいですね。

胃みたいに膨らんでくるらしいですよ。

人間の体ってすごいですよね。


うちの親父も最初は胃癌でした。

全摘出して治ったはずだったんですが、転移してました。

退院後も定期健診は毎月欠かさなかったらしいんですけど。

最後は肝臓癌でした。

若かったから早いんですよね、進行が。



まだ子供だったぼくにとって、

呆気にとられるくらい、あっという間のことでした。

全然聞かされてなかったので、

最後に出会ったときには父は危篤状態でした。

全く聞かされていなかったとはいえ、

わかるものですね。

『もうお父さんは助からないんだ』

って、病院のエレベーターが親父の病室のフロアに

ついたときに、ふっと感じましたもん。

そんなこと一言も聞いてないのに。

涙が勝手に溢れてきたのを憶えています。



そのことが頭をよぎるので、

退院後もしっかり養生してもらいたいと思います。

縁起でもないから、引き合いに出せる話ではないですけどね。


posted by 岩っさん at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

近年稀に見るしょーもない婚

結婚ていろいろありますよね。

素敵な結婚ばかりじゃないです。


とくに僕は偏屈な人間なので、

そこらへんの基準が人とは違うようです。


取引先の事務員さんが、明後日で退社されるらしいです。

寿退職ってやつなんですが、

僕に言わせるとそうじゃないんですよね。


その娘は、高専行ってしっかり勉強して、

野球部のマネージャーしながら、

遠いのに家から通ってたらしいんです。

2時間くらいかけて電車で。


聞くとお父さんが早くに亡くなられて、

お母さんと2人暮らし。

心配をかけない様にってことだったらしいんです。


就職も家から歩いて通えるところみつけて、

勤め始めてまだ3年経たないくらいでした。



それなのに、肝心の結婚をはやまっとる訳ですよ。

相手は僕に言わせると箸にも棒にもかからんおにいちゃん。

まだ若いから、テンションあがってしもうたんでしょうな…



今まで育てくれた母親に対して、

特別な人生を送ってあげることで、

恩返しになると僕は考えておるのです。

並み以下の生活を送っておってはいかんのです。



親は無欲に子を育て、見返りは求めないでしょう。


だけど僕ならそれでは気がすみません。


冷静に考えて、時間をかけて、相手を選ぶべきだと思います。


同じくらい好きなら、

お金は少しでもあった方がいいし、

地位も名誉もあった方がいいし、

車もいい車に乗ってた方がいいと思いませんか?

同じくらい好きなら…ですよ。


子供も年収が高いほど学力が高いって、

そんな統計も出てるじゃないですか。


我に返った時に後悔しそうになる自分を

『普通の質素なこの生活が幸せ』

などと思いこませ、言い聞かせながら、

平凡以下の生活を送るんでしょうね。


なんのために親にここまで育てもらったのか…

全く僕には関係ないんですけどね…


ただ、うちも片親ですから、

母親おいて嫁いでいくには価値の無さ過ぎる

男を選んだこの娘に、若干の憤りすら覚えとる訳ですよ。


このたびは、特別にしょーもない結婚やなぁ…

と強く感じましたもので。

近年稀にみるしょーもない婚ですな。


posted by 岩っさん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
為替レート
為替

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。